ローランドHカラーを詳しく解説③

今回はローランドHカラーを使った1色染を季節します。
基本的にベニスビーチではローランドHカラーを使う場合はハイライトを入れます。
詳しくは

をご覧ください。

1色染を推奨しない理由

冒頭にも書きましたがローランドHカラーを使用する場合、
ベニスビーチでは1色で染めることはあまりしません。
いくつか理由があるのでお話しいたします。

理由は単純に脱色する力が弱いからです。

通常ヘアカラーは脱色と加色を同時に行っています。

クオリティが低い絵で申し訳ありません。
地毛からヘアカラーをする場合、黒い髪を明るくしたいことがほとんどです。
また、既にヘアカラーをされている方は根本が伸びて黒くなってきた、同時に毛先が明るくなってきたので、毛先を少し暗く、ねものの黒い部分は明るくしたい。となります。

しかしローランドHカラーは髪を明るくする力が弱いです。
すなわち黒い毛髪が茶色になりにくいです。。。

ではどうすれば良いか?


もちろん、通常のヘアカラーのように明るくする剤もあります。
なので根本は明るい薬、毛先は根本の明るさに合わせた色を、となりますが。。。

しかし、根本の明るくなる具合と毛先の明るさを合わせるのはとても難しいです。
言葉で言うのは難しいので図で説明します。

ムラになるのを避けるため、ベニスビーチでは根本から毛先まで同じ薬で塗ります。(白髪染めを除く)そうすることで根本から毛先までムラになりません。そのためには薬剤のミックスをします。脱色と加色を考えながら。。。

しかし、ローランドカラーはとても難しい。
少し変わった薬でワンタッチでは使いにくい。
そこで考えたのがハイライトを入れる方法です。

しかし、1色染(ワンタッチ)も不可能ではありません。

ワンタッチで染めた場合

ワンタッチで染めた場合を見てみましょう。

ワンタッチで染めてみました。
相変わらず艶はすごい!

よく見てもらうとどうでしょう?
根本が少し暗くないですか?
自然といえば自然ですが、色が合っていないと言われれば。。。
否定はできません。

工程の説明

まずはこちらのシャンプーでプレシャンプーします。
そして全体に薬剤を塗ります。
塗った写真は撮り忘れました。。。
申し訳ない。

30分ほど時間をおいて流します。
次はこちらのシャンプー、トリートメント。

最後にこちらをつけて仕上げます。

もう一度仕上がりを。

ローランドオーウェイ Hカラー rolland o-way
左は1色。右はハイライトを入れて2色で染めています。

ハイライトがある場合とない場合の比較です。

 H カラーをする場合は現状の髪の状態によってハイライトが必要かどうか相談させてください。最適なご提案をさせていただきます。


いずれにしてもとても髪に優しいカラー剤です。

しかし、明るいカラーは苦手です。なりたい髪色や状態に合わせてどんな薬剤を使えばいいかご相談にものります。お問い合わせください。

ではまた!

この記事を書いた人

yoichiro tonomura

代官山の某ヘアサロンで10数年技術を磨き独立。2015年4月に海から近い街、神奈川県藤沢にプライベートサロン「venice beach」を立ち上げる。自らオーナースタイリストとしてサロンワークの傍ら、独自のセンスで「venice beach」のコンセプトをまとめ、HPの制作や写真、デザインを行う。たまに鋏をサーフボードに持ち替え鵠沼海岸に出現します。